サラリーマン こそアフィリエイトを始めるべき理由【5選】

そこの サラリーマン のお兄さん!アフィリエイトを始めようか迷っていませんか?

もし少しでも迷っているようであれば、サラリーマンにこそアフィリエイトをオススメしたいです。

当然、オススメするのにはそれなりの理由がありまして、この記事を読んでみていただければ、「なるほど!」と思っていただけるのではないかなぁと思っていたりします。

「忙しいから無理!」ということは重々分かっているつもりですが、ちょっと息抜きだと思ってお読みになって頂ければと思います。

サラリーマンこそアフィリエイトサイトをやり始めるべき理由を以下に5つ挙げていきますので、1つでも該当するものがあったら、検討する価値はアリだと思いますよ。

 

「あっ、当てはまる!」

と思われた方は是非ともトライをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

収入源の分散

かつて日本は1億層中流と言われた時代がありましたが、今となっては年収300万円とかもザラな時代になってきました(※)。

 

 
(※)平成28年分 民間給与実態統計調査(国税庁)から抜粋し筆者が加工して作成
 
平成28年12月31日の給与所得者:5,744万人
 
平成28年中に民間の事業所が支払った給与の総額:207兆8,655億円
 
平成28年の給与所得者1人当たりの平均年収:3,618,828円
 

 

やりくり上手なかたは良いかもしれませんが、やりくりがそれほど上手でもない普通のかたにとっては生活していく限りは少し心許なく、ましてや結婚や子育てまで考えるとなるともう少し収入の上積みが欲しいところ。

そんなとき、もしアフィリエイトで毎月数万円でも収入があればどんなに生活が助かるか、想像してみてください。

トップクラスのアフィリエイター達は毎月数十万円~多い人では100万円単位までアフィリエイト収入を稼いでいる人もいます。

いきなりそのレベルを目指すのは無理だとして月10万円のアフィリエイト収入をまずは目指したとしても、その収入が毎月の家計にプラスされるインパクトたるや想像に難くありません。家計は大いに潤い、あんなこともこんなことも出来そうじゃありませんか?

 

いざというときのための副業

景気が上向いてきているようなテレビ報道が最近盛んになってきています。

「ベースアップをどうするか?」みたいな労使交渉の映像が流れることもありますが、実際に働いている肌感覚としては、そんな感覚はあまり無いのではないでしょうか?

一部の大企業ではそんなこともあるのかもしれませんが、全業種の全事業所で同じような感覚となるのはまだまだ先かなと思います。

そうなるとやはり考えておきたいのは「いざ」という時のこと。

「いざ」というときにアフィリエイトでの副収入が有るのと無いのとでは、感覚的には雲泥の差があります。

「いざ」というときに、ベースとなる収入が確保されているとどんなに心強いことでしょうか。

言い方を替えると、「いざ」という時のための“保険”と捉えることもできそうですね。

もちろん「いざ」は来ないに越したことはありませんが、リスクヘッジの意味合いでも保険を打っておくことは大事ではないでしょうか。

 

初期手元資金が不要

通常、収入を得るための事業を始めようとする場合、初期投資が必要なことが非常に多いですよね。

業種によっては何らかの加工装置が必要となるケースもあれば、販売する商品を一定数在庫として確保するために仕入れが必要となるケースもあり、それらを準備するためにはある程度まとまった金額の手元資金が必要になってきます。

でも、これらの手元資金や事業所スペースをサラリーマンをしながら片手間で用意するのは至難の業ですよね。

 

一方で、アフィリエイトサイトを作成するためには、基本的には、パソコンとインターネットに接続できるネットワーク回線さえあれば事業を始めることが可能です。

パソコンも持ってなく、また、ネット回線も契約していないのであれば、もちろんその準備から必要とはなってしまいますが、一度用意してしまえば継続的に投資を行う必要はありません。

(細かくみると、レンタルサーバー費や独自ドメイン取得費なども必要となるケースもありますが、ここでは一旦割愛します)

こんなに手軽に始められる事業は、他ではなかなか無いのかなと思います。

 

時間以外に失うものが無い

アフィリエイトサイト運営である程度まとまった金額の収入を得ようとした場合、ある程度の数の記事を継続的に執筆し続ける必要があります。

その上で、それなりの時間軸のあいだ(あまり長くない期間のうち)に成果を出したいのあれば、できれば毎日、できなくても数日に1本は記事をアップし続けていきたいものです。

ただ、この記事アップのペースを維持するとなると、当然必要になってくるのが、まとまった「時間」です。

サイトを訪問してきてくれる読み手にとってある程度有益な記事にしようとすると、事前の調査にそれなりな時間をかける必要があり、結構時間を使うことになります。

その後も、調査が終わっていざ記事を書いていく段階に移っていったとしても、それなりなボリュームの文字数の記事を書こうとすると結構な時間が必要になります。

まとまった時間を明らかに費やすことになりますが、時間の浪費ではありません。「その後の収入化が始まるときのための先行投資」、と割り切れるかどうかですね。

逆に、どうしても途中でアフィリエイトサイトの運営を辞めなければいけなくなったときは、今まで記事執筆に使った時間以外に失うものはありません。

社会的地位が失われることもありませんし、社会から一発退場させられることもありません。

費やした時間以外に失うものが何も無く、いざ辞めるとなったときにスパっと辞められる、という点も、サラリーマンにとっては大きな要素なのではないかな?と思います。

 

サラリーマン の日々の業務で積み重ねてきた経験が生かせる

ここからは、日々のサラリーマン稼業の中で培われてきているであろう様々な素養が、アフィリエイトサイト運営に実は役に立つ、という点について解説していきます。

仕事の知識が生かせる

アフィリエイトサイトのジャンルと、通常行っている仕事のジャンルの重なり具合にもよりますが、多少でもジャンルがかぶっている場合は、仕事の経験を生かせる可能性が出てきます。

アフィリエイト記事は、読み手にある程度の納得感を持ってもらうことが必要です。納得感を持ってもらうためには、背景となる情報や裏付けデータなどを揃えておく必要があります。もちろん、背景や裏付けデータをゼロから集めて記事を作成していっても構いません。ただ、その記事ジャンルの知識をある程度前もって持っていると、情報収集の時間を短縮出来たり、他の人とは違った角度から記事を掘り下げることができるようになるかもしれず、結果的に、記事執筆の効率化やほかのサイトとの差別化にプラスに働くことが期待できますね。

もちろん企業秘密とかを利用してアフィリエイトサイトの執筆に役立てることまでは出来ませんのでご留意くださいませ、、、

 

文章作成はお手の物

普段お仕事をするうえで、文書作成は嫌というほどついて回りますよね。

企画書

ミーティング資料

決裁文書

提案書

要求書

回答書

などなど、一例を挙げるだけでも相当数が挙がってきます。

それらの文書作成の数々で培われた文章作成能力を発揮する機会がやってきました!と言えます。

普段の業務で実践されているように、論理的だったり分かりやすかったりする文章を書くことを心掛けていれば、読み手に優しい文章となり、サイトのアクセス数向上にもプラスに働くことは間違いありません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、サラリーマンこそアフィリエイトサイト運営を始めるべき理由を5つ厳選してお届けしました。

収入源の分散

いざというときのための副業

初期手元資金が不要

時間以外に失うものが無い

サラリーマンの日々の業務で積み重ねてきた経験が生かせる

「そうだそうだ」と思うトピックが1つでもありましたら、アフィリエイトサイトを始められるにはきっと適正あり!

ただ、くれぐれも本業に差しさわりがあるほどには記事執筆はしないようにしてくださいね。どちらが本業か分からなくなってきてしまいますので。

もちろん、それなりなアフィリエイト収入が安定して入ってくるようになれば脱サラを考えても良いですが、そうではないうちは、今のサラリーマン稼業で得られる収入を補完する目的と割り切り、今の仕事はそのまま続ける、という方向性が良い気がします。

 

上手にアフィリエイトサイトと付き合って、充実したサラリーマンライフを送るサポート役として活用していきましょうね。

キーワード選択 ではマニアック度が重要 | アフィリエイト

アフィリエイトサイトを作成する際に、 キーワード選択 を無造作にしていませんか?

書きたいと思ったことを心に思い浮かぶままに書くのでももちろん良いのですが、ときと場合によっては、GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果に全く表示されず全然アクセス数が伸びていかない、なんてことに陥ってしまうかもしれません。

どうしてこんなことが起こるのでしょうか?

せっかく手間暇かけて手塩にかけて育てていったサイトなのにもかかわらずいつまで経っても閑古鳥が鳴いている、こんなことにならないためにも、キーワード選択は慎重に行うようにしたいものです。

今回の記事では、キーワードを選ぶ際に是非とも参考にして欲しい、キーワードのマニアックさ具合いについて解説していきます。

 

記事を書くときにこんなことをしていませんか?

ブログやアフィリエイトサイトの記事を執筆しているときを思い起こしていただきたいのですが、多分、書きたいネタ・心に浮かんだ良いアイデアをそのまま書いていっていることがないでしょうか?

 

でも、ちょっと待ってください。

読み手からのアクセス数があまり伸びていかなくても良いのであれば、それはそれでも良いですが、せっかく書いた記事を出来ればある程度読んで欲しいと思いますよね?

となると、記事を書くときのキーワード選びが重要になってきますので、まずは考え方として重要な、「キーワードのマニアックさ」について解説していきます。

 

キーワードのマニアックさの解説

キーワードは、それぞれマニアックさ具合いを持っています。

と言っても、キーワードごとに例えば「マニアックさ:大」といったような何かしらのステータスとして持っている訳ではありません。

Googleなどの検索エンジンでの検索結果の表示件数の多さ順にそれぞれのキーワードを上から並べ、

上位に位置しているものを「一般的なキーワード」

下位に位置しているものを「マニアックなキーワード」

と呼び名を付けている、というだけのものになります。
(SEOを解説するサイトによっては、上記の「一般的なキーワード」のことを「ビッグキーワード」、「マニアックなキーワード」のことを「スモールキーワード」と表現していることもありますが、意味しているところは同じです)

ただ、これだけでは少しわかりにくいところもあると思いますので、もう少し解説していきます。

 

一般的なキーワード

一般的でメジャーなキーワードの特徴は以下のようなものになります。

多くの人が検索ワードとして検索サイトに入力して検索する(該当の検索キーワードを入れて検索する数は膨大)

多くの検索結果が表示される(該当のキーワードを入れて表示される検索結果ページ数は数千万単位とかザラ)

つまり、これからその「一般的なキーワード」に参入する私たちにとっては、それらのすでに検索結果として表示されている数多くのWebページとの競争に打ち勝つ必要があることになります。そうしないと、私たちの記事ページは、検索結果の上位にいつまで経っても表示されず、結果的に、アクセス数が伸びないもしくはゼロのまま低空飛行で地べたを張っていく感じになってしまいます。

 

マニアックなキーワード

マニアックでマイナーなキーワードの特徴は以下のようなものになります。

あまり検索されない検索ワード(精一杯頑張っても、どこかでアクセス数は頭打ちになることが予想される)

複数のキーワードを組み合わせて検索されることが想定される

検索結果として表示されるページ数が少ない

競合ページには、更新日付が古いページしか存在しないかもしれない(情報鮮度が古く、今となっては間違っている情報が掲載されているかもしれない)

競争環境としては、なんとか戦えそうな感じですが、(ある程度頑張った後にはなりますが)アクセス数の頭打ち(伸びの鈍化)は気になるところではあります。

 

ではどのようなキーワードを選べばよいか?

ここまでの解説を読まれた読者の方ならばすぐに頭に浮かぶ思いますが、結局、どんなキーワードを選べばよいのか?と。

例えば、以下のようなことを思っている方もいるかもしれません。

一般的でメジャーなキーワードを選べばよいのではないか?と。
検索結果にもたくさん表示されるし、そこは何とか努力でカバーしさえすれば、良いことしかないように思えるけど?と。

できることならば、一般的でメジャーなキーワードを選びたくなってしまいますが、検索結果での上位表示は短期的には絶望的で、アクセス数の伸びにはなかなか結びつきにくく、成果が出るまでにそれなりの時間がかかってしまうことが予想されます。

逆に、マイナーでマニアックなキーワードであれば、比較的クイックに結果が出ることも十分考えられます。キーワード自体の検索回数は少なくても、検索結果の上位表示に食い込むことができれば、トータルとしてのアクセス数はそれなりに稼げてしまいます。

比較的早期に成果が出てくることが多いので、記事更新のモチベーションの維持・向上にとっても、プラスの効果があります。

 

キーワード選びの具体例

具体的なイメージを持ってもらえるように、「一般的なキーワード」と「マニアックなキーワード」の違いを見ていくことにしましょう。

ここでは、自分が取り扱いたいサイトのジャンルとして、

『中古車のアフィリエイトサイト』

を作成していくことを想定して、具体例を見てみます。

 

一般的なキーワード

大上段から攻め込むなら

“中古車”

というキーワードがまさにピッタリ。

まさに大上段!に相応しいキーワードです(笑)

いきなりこんなキーワードだけでアフィリエイトのレッドオーシャンに特攻していっても返り討ちに合ってしまう可能性大!ですね。

中古車分野は取扱金額も大きく利幅も大きくなりがちのため、これからアフィリエイトサイト運営に新規参入しようとする方にとっては障壁が高すぎます。

その巨大な壁に向かって「中古車」という超メジャーなキーワードで戦いを仕掛けていくとなると、何度も戦死しかねません。

相当粘り強くサイトを更新し充実させる工程を経ない限り、検索結果の上位への表示は厳しいものがあります。

 

マニアックなキーワード

“中古車 海外製 年式古い 車検切れ”

これぐらい複数の検索キーワードで絞り込みをおこなうと、さすがに検索数もぐっと絞られてきて、競合ページ数もだいぶ減ってきます。

当然、こんなに多くの検索キーワードを入力したうえでわざわざ検索するような利用者の数も減ってきてしまうため、うまく検索結果の上位に表示されるようになったとしても、どこかでアクセス数は頭打ちになってしまうことでしょう。

それでも、検索結果上位に全く表示されなかったりアクセス数が伸びてこないことに比較すると、余程マシな状態と言えます。

マイナーでマニアックなキーワードでの検索結果表示&アクセス数の増加を皮切りに、徐々にメジャー(というかここではミドル程度。メジャーとマイナーの中間あたり)なキーワードへと移行していって、自分のWebページを中長期的に育てていくような感覚が重要になってきます。

 

 

キーワードのメジャー度と検索数の関係性

キーワードのメジャー度が低いキーワードでも、ごく少数の検索数は稼げるという考え方として「ロングテール」という考え方があります。

現代は生活様式や行動様式が多様化してきていて、それぞれの個人個人で考え方とか嗜好が多様化しているため、いろいろな検索ワードが検索されるようになってきています。ですので、どんなにマイナーでマニアックなキーワードであっても少数ではあるのですがアクセス数を稼げる可能性が高いです。

そんなマイナーなキーワードを数多く記事としてラインナップを取り揃えておき、取りこぼしなくアクセスに結び付けることができたとすると、それらのアクセス数を足し合わせると、それなりにまとまったアクセス数になってきて、決して馬鹿にできません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アフィリエイトサイト作成したての頃は、百戦錬磨の猛者ページがゴロゴロと居並ぶメジャーなキーワードにいきなり攻め込むのではなく、ロングテール戦略をとり、マイナーなキーワードの記事を数多く取り揃えて、アクセス数を拾い集めていくような戦略を立てる必要があります。

文字通り地道な作業にはなってしまいますが、コツコツと記事を積み重ねていくことで徐々にアクセス数は向上してくるはずですので、途中で諦めることなく、なんとか継続していくようにしましょうね。